子育てパパの育児と仕事と趣味と。

子育て中のパパが仕事も趣味も頑張る様子を綴るのです。

Wiiエミュレータ「Dolphin」のためにWiiゲームの吸出しに挑戦!

こんにちは、子育てパパです。

今回もエミュレータ関連の話題。

前回ニンテンドーDSのエミュレータである「Drastic」がなかなかいい感じだったので、調子にのってWiiエミュレータである「Dolphinエミュレータ」のスマホ版にも挑戦してみることに。

 

 

「Drastic」とは違い、スマホに求められるスペックもだいぶ高いようですが、せっかく自宅に数年起動されることなく眠っているWiiがあるので、タダならやらにゃ損!ということで。

 

DSと同様、まずはソフトの吸出しが難所になりそうですね。

吸出しのために必要なことは以下のWikiにまとめて書いてありました。

とはいえ、実際にやってみるとちょいちょい躓いた箇所もあったので、備忘も兼ねて書いておきます。

GC/Wiiゲームディスクのリッピング - GC+Wiiエミュレータ Wiki*

 

吸出しで必要となるのは以下です。

・Wii本体

⇒パソコンの一部DVDドライブでも吸出しはできるようですが、相当限られた製品だけなようなので、Wii本体を使って吸い出すのが無難のようです。

テレビ裏にひっそり眠るWii・・・

f:id:yoshinori828:20180815190002j:plain

ヘンにパソコンでやろうと粘るくらいなら、中古で安いWiiを買っちゃったほうが早いと思います。

Wii【メーカー生産終了】

Wii【メーカー生産終了】

 

 

・Wii本体にHomebrewの導入

⇒PSPなんかでもhomebrewと呼んでますね。

これは勝手アプリを動かすためのOS的なもの。後述する吸出しソフトを起動するために、事前に導入しておく必要があります。

 

・CleanRIP

⇒これが吸出しソフト。

 

・SDカード

⇒HomebrewやCleanRIP用、及び吸出したデータの保存先としてSDカードを使います。

Wiiのソフトは多くがDVD容量いっぱいの4.7GB程度あるので、ガンガン吸い出すなら16GB程度はあったほうがいいでしょう。

一応Wiiでは最大32GBまで認識するようです。

私は16GBのMicroSDカードにアダプタ装着したもので問題なく使えました。

  

それでは順を追って説明します。

 

 

?

まずはHomebrewの導入です。

Homebrew導入にはLetterBombというアプリを使います。

LetterBombダウンロードにはWiiのMACアドレスを入力する必要があるので、まずはWiiのMACアドレスを確認します。

MACアドレスとはなんぞや?という疑問もあると思いますが、あんまり気にしないでOK。

私のようなインフラエンジニアにはなじみの用語ですが、特に今回必要な知識ではないです。

WiiのMACアドレスは以下サイトを参考に確認してみてください。

PC、ゲーム機のMACアドレスの調べ方

f:id:yoshinori828:20180815190429j:plain

上記画面のように2桁区切りの文字列が表示されますので、これを控えます。

 

それでは続いてLetterBombのサイトへ移動します。

LetterBomb

以下画面が表示されますので、MACアドレス欄には2桁区切りの文字列を6か所に入力し、「私はロボットではありません」を選択します。

f:id:yoshinori828:20180815190804p:plain

しばらくすると、下段の2つのボタンが押せるようになります。

これを押すとダウンロードが開始されます。

どっちがいいのか、正直わからない・・・。

とりあえず私は左(red)のほうで問題なくできました。

 

ついでにCleanRIPもダウンロードしちゃいましょう。

以下サイトから最新版をダウンロードしておきます。

Google Code Archive - Long-term storage for Google Code Project Hosting.

 

二つのダウンロードが終わったら、解凍してそのままSDカードのルートフォルダにぶち込みます。両方ぶちこむとこんな感じなります。

※readmeファイルはどちらにも存在するので重複しますが、ただの読み物なのでどっちかひとつ入っていればOKです。別に消してもいいし。

f:id:yoshinori828:20180815191305p:plain

あっ、SDカードはFAT32でフォーマットしておいてください。

 

 ?

それではWiiにSDカードを挿入して起動します。

Wiiのメールアイコンからメールを探すと、1~2日前に赤い爆弾アイコンのメールが届いています。

f:id:yoshinori828:20180815191635j:plain

f:id:yoshinori828:20180815191650j:plain

f:id:yoshinori828:20180815191704j:plain

f:id:yoshinori828:20180815191718j:plain

 

?

この赤い爆弾メールを選択すると、色々画面遷移してからHomebrewのインストールメニューが表示されます。

f:id:yoshinori828:20180815191914j:plain

f:id:yoshinori828:20180815191926j:plain

Aボタンを押すとこの画面に遷移するので、「Continue」を押します。

f:id:yoshinori828:20180815222202j:plain

「Install The HomeBrew Channel」を押します。

f:id:yoshinori828:20180815222248j:plain

本当にインストールするか確認してくるので、Yesを押して続行します。

f:id:yoshinori828:20180815222323j:plain

インストールが完了するとサクセスの文字がでますので、「Continue」を押します。

f:id:yoshinori828:20180815222413j:plain

最初のメニューに戻るので、「Exit」で終了します。

f:id:yoshinori828:20180815222518j:plain

 

?

これでHomebrewの準備は完了。

Exitで抜けるとHomebrewが立ち上がり、CleanRIPが表示されるようになります。

f:id:yoshinori828:20180815220712j:plain

 起動するとこんな画面がでるので、「Load」で先に進みます。

f:id:yoshinori828:20180815220844j:plain

なんか聞かれるのでAボタンを押しますw

f:id:yoshinori828:20180815220913j:plain

吸い出したデータの保存先を聞かれますので、Homebrewで使ったSDカードをそのまま使い、「Front SD」を選択しましょう。

f:id:yoshinori828:20180815220950j:plain

SDカードが入っていることを確認してAボタンを押します。

ちゃんとFAT32でフォーマットしときましょう。

f:id:yoshinori828:20180815221118j:plain

ここはちょっとわからない。

「No」で大丈夫でした。

f:id:yoshinori828:20180815221223j:plain

ゲームディスクを入れてAボタンを押します。

f:id:yoshinori828:20180815221245j:plain

以下設定にしてAボタンを押すと吸出しがスタートします。

f:id:yoshinori828:20180815221318j:plain

吸出し中。。。

f:id:yoshinori828:20180815221419j:plain

?

これで吸出しは完了。

と思いきや、もうちょっとやることがあります。

SDカードのフォーマット形式であるFAT32は4GB以上のデータは扱えないため、ゲームデータが4GBを超える場合、データが分割して吸い出されます。

なので、吸出し完了したら、NTFSなど4GB以上が扱えるフォーマットになっているパソコンなどに吸い出したデータを移し、結合します。

Concatという結合ソフトを使いました。


ファイルが連番で吸出しされているので、番号通りの順番にドラッグし、「結合開始」を押すとひとつのファイルに結合されます。

f:id:yoshinori828:20180815221902j:plain

 

とりあえず今回はここまで。

次回でやっとスマホでWiiをプレイしてみます。

 

?