子育てパパの育児と仕事と趣味と。

子育て中のパパが仕事も趣味も頑張る様子を綴るのです。

iPhoneにSDカードリーダーを接続。Flash device SDカードリーダを買ってみた。

こんにちは、子育てパパです。

以前にiPhoneのOTGケーブルで色んなデバイスを接続するという記事を書きました。

 

 

 

色々つなげて面白かったですが、Androidスマホのデータをやりとりするのに、ライトニングですぐにつなげられるSDカードリーダーがあれば便利だなーと物色していたところ、以下の激安製品を発見。

 iPhoneでのデータ転送というと、イチイチPC繋いで転送したりiCloud使うのがめんどいのでiPhone用SDカードリーダーを買ってみました。

買ったのはコレ。
「MNoel iPhone iPad カードリーダー Flash device HD SD TF カード」という製品で、手順書の翻訳具合が中華満載です。

 

ライトニング用ポートだけでなく、フルサイズのUSBもついているので、PCやAndroidでも使用OKな製品です。
まあAndroidはいくらでもデータ転送の仕方があるので今回はiPhoneに絞って利用してみました。

?

まずは先にコイツ専用のファイラーアプリをダウンロードします。
iPhoneは「i-FlashDevice」というアプリ。
フツーにインストールします。

i-FlashDevice

i-FlashDevice

  • ShenZhen 0101 technology Co.,Ltd
  • ユーティリティ
  • 無料

 

では続いてカードリーダーを差し込んでみます。
んでそのままファイラーアプリを起動。

これまたフツーに起動しました。

使い方は手順書を見てもらったほうが早いです。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/610IJyN8GhL._SY355_.jpg
容量大きめな動画ファイルを読んで見ましたが、
特に引っかかりもなく再生できました。
ちなみに読み込んだのはL-01Jで使っているMicroSD200GBのもの。


このサイズでも問題なく読み込めたのでよかった。
読み込み、書き込みともに特にストレスを感じることはなかったです。

見た目も悪くないし、ケーブルがなく直差しで一体化するので、持ち運びとかもいい感じ。
iPhoneのちょっとした外部ストレージとしていかがでしょう?

?

AndroidスマホからAWSに接続。どこでもサーバの学習できるようにする!

こんにちは、子育てパパです。

スマホからどこでもサーバが勉強できるよう環境構築しようというこの企画。

AmazonのAWSサービスを使って実現してみます。

続きを読む

AWSでどこでもサーバの学習ができる環境を構築してみる。(Windowsサーバ導入編)

こんにちは、子育てパパです。

スマホからどこでもサーバが勉強できるよう環境構築しようというこの企画。

AmazonのAWSサービスを使って実現してみます。

続きを読む